2018年10月25日

風間俊介

俳優の風間俊介が、人生初の丸刈りになって、テレビ朝日系帯ドラマ劇場『やすらぎの刻(とき)〜道』(2019年4月スタート)に出演することが明らかになった。風間の髪をバリカンで刈り上げたのは、女優の浅丘ルリ子。風間は「ここまでの“イガグリ坊主”になったのは、人生初です! 思っていたよりも違和感がないです。“ルリ子カット”だと自慢します!」と、にっこり。本作への意気込みを語ったそうです

 風間が演じるのは、ヒロイン(清野菜名)の夫となる養蚕農家の四男、根来公平。ストーリーテラーとして『道』の物語を導いていく、重要な役を任された。

 「倉本作品に出演できることに、まず大きな喜びを感じました。かつ、尊敬する先輩方が揃った作品に入るうれしさも大きかったです。また、お話をうかがったときはここまでの大役だとは思っていなかったので、台本を読んでストーリーテラーとして物語の中枢を担わせていただけることを知り、本当に背筋が伸びる思いでした。しかも、クランクイン前には倉本先生がキャラクターとの向き合い方や台本の読み方についてお話ししてくださり、公平の人物像についても深いお言葉をいただきました。先生からの言葉を胸に、これから撮影に挑んでいきたいと思っています」と、風間。

 13歳の少年時代(昭和11年)から演じることになり、風間は役作りのために丸刈りになることを決意。スタジオ内の控室で“断髪式”が行われた。丸刈りになるのは人生初という風間は「断髪式は、役へのスイッチが入るきっかけになると思います。これがスタートだと思うと、身が引き締まります」と話しながら、鏡の前にスタンバイ。そこへ「断髪式にあたってベテランのヘアメークさんをお呼びしました!」と、スタッフが招き入れたのが、浅丘だった。

 実は、浅丘と風間は2008年の舞台『恋はコメディー』の共演をきっかけに、互いに信頼を寄せ合う間柄。「やすらぎ」シリーズで“お嬢”こと白川冴子役を演じる浅丘はこの日、早朝からのロケを終えたあと、風間の断髪式が行われることを知り、先にスタジオ入りして風間を待っていたのだ。

 「私が(カットを)やらせていただきますが、よろしいでしょうか?」と現れた浅丘に、風間は「うわぁー!」とビックリしたものの、「うれしいです! 僕はルリ子さんに身を委ねます。公平になる準備は整っていますから」と即答。浅丘もバリカンを手にするのは初めてながら、そこは百戦錬磨の大女優。「覚悟はいいわね? 参ります!」と宣言すると、勢いよくバリカンを入れた。浅丘は最初こそコツがつかめず苦戦していたが、すぐに要領を把握して手際よく丸めていき、あっという間に、床には大量の髪の毛が…。

 カット開始からわずか5分後、きれいな丸刈りになった風間は「思っていたよりも違和感がないです。“ルリ子カット”だと自慢します!」と、浅丘に大感謝。すっきりと坊主頭になった風間の姿に、浅丘は「かわいい!」「似合う!」 を連発! 「こんなに坊主頭が似合う人はいないわね。俊介は本当に頭がよくて、どんな現場でもやっていける俳優さん。私が保証します」と太鼓判を押していた。

 断髪式から数日後、風間は神奈川・相模原の川原で撮影初日を迎えた。この日は最高気温26度の爽やかな天候だったが、現場は肌寒さすら感じる山中。冷たい川の水に膝までつかって、幼なじみと魚をとるシーンなどを熱演した。

 風間は「クランクインして、ほかのキャストの皆さんと一緒に演じることで、初めて公平という役が見えた気がしました。川の水はすごく冷たかったのですが、皆で『冷たいね』と言い合いながら撮影ができる、その関係性がうれしくて、これからの撮影が楽しみになりました。台本を読んで間違いなく面白い作品になると思ったのですが、実際に現場に入ってその手応えが確信に変わっています。僕が公平として生きれば面白くなるはずなので、公平としてきちんと生きていきたい! 頑張ります!」と、決意を新たにしていた。

■風間が演じる公平の晩年は橋爪功

 同ドラマは、倉本聰氏作の脚本で、昨年、放送された『やすらぎの郷』の”その後“とともに、主人公・菊村栄(石坂浩二)が執筆するシナリオ『道』が映像化されていくという壮大な物語。『道』は、山梨県のとある山間の村を舞台に昭和、平成を生き抜いた無名の夫婦の生涯を綴るもので、テーマは“ふるさと”。昭和初期からはじまり、戦中、戦後、平成という時代の移り変わりを、1年間をかけて描いていく。

 作品の前半のヒロインは、清野。戦後の高度成長期を経て現代にいたるまでの後半、ヒロインの晩年は八千草薫。公平の晩年は、橋爪功が演じる。橋爪は、『やすらぎの郷』の“その後”を描くブロックにも、新たな入居者・水沼六郎役(愛称「ロク」)として登場。ロクは元歌舞伎俳優で、運に見放された人生を歩み、「ツイテナイ」が口グセの男。菊村はそんなロクに人間的魅力を感じ、公平の人物像に彼を投影させていく。

 新たに“やすらぎ”の世界に加わる橋爪は、「ひとつの作品で途中から役者が変わるという展開は、とても面白い! そのあたり、倉本さんも緻密に計算されているでしょう。僕も楽しみにしています」と抱負を語っている。
ラベル:風間俊介
posted by ぴーすけ at 18:34| 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月24日

フジテレビ 女子アナ約30人

フジテレビアナウンス室の公式インスタグラムが10月23日に更新され、同局の女子アナ約30人が“大集合”した、松村未央アナ、山崎夕貴アナらの結婚・妊娠祝いの様子が公開されたようです

「ミオパン」の愛称で親しまれる松村アナは2017年6月、お笑い芸人の陣内智則さんと結婚し、今年6月に第1子の妊娠を発表。山崎アナは、今年3月にお笑い芸人のおばたのお兄さんと結婚しています。

 インスタでは、今年6月に一般男性と結婚した竹内友佳アナが「先日フジテレビの女性アナウンサーが30人近く集まりました!(圧巻!)なんと、私とゆきさんみおさんの結婚妊娠お祝いをしてくれたのです。本当に有難いです」と報告。アナウンス室のデスク業務担当者などを含めた総勢約30人の集合写真をアップしました。

 竹内アナは「秋の夜長に大勢集まり、女子トークに花が咲きました」と会場の様子を伝えると、「代々結婚をした順番で幹事をするというしきたりなので、つぎは私たちが幹事頑張ります!」と意気込みをつづりました。

 写真には、永島優美アナや森本さやかアナの姿もあり、「女子アナオールスター!!」「日本の美女が集結している」「すごい顔ぶれ」「ほんとに圧巻だわ」など、絶賛の声が寄せられています。
posted by ぴーすけ at 17:11| 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月23日

トラック無人隊列走行

自動車業界は今、「100年に一度の変革期」を迎えている。自動運転、電動化、コネクティッド、シェアリングなど、自動車のあり方を根底から揺るがす大きな変化が起きているからだ。この大変革は、乗用車だけではない。むしろ、商用車のほうが早く進むといわれているそうです

というのは、トラック業界は深刻なドライバー不足と高齢化を抱えているからだ。2020年には10万人規模のトラックドライバーが不足するという予測さえある。その点、自動運転はトラック業界にとって大援軍である。現にトラックの隊列走行の実証実験があちこちで行われている。

一般的にいって、トラック隊列走行とは、3台、もしくはそれ以上の数の大型トラックが、縦に並んで走行することをいう。先頭車両のみを人間のドライバーが運転し、後続車は先行車を追従走行する仕組みだ。隊列走行は高効率大量輸送の一助となるだけでなく、走行時に後続車両の受ける風の抵抗が軽減され、燃費向上や排ガス削減効果も期待されている。ちなみに、安全を担保するため、現状では後続車も有人で実験が行われている。

国内トラック最大手の日野自動車は、22年ごろをめどに、一部を除いてシステムが運転する「レベル3」の自動運転をトラックに導入し、25年以降に「レベル4」の自動運転トラックを実用化する方針だ。

日野の隊列走行では、車車間通信(V2V)やミリ波レーダーによる加減速の制御のほか、その情報でクルーズコントロールを行う。つまり、先行車がアクセルを踏めば、同じように後続車も加速し、先行車がブレーキを踏めば、後続車も同じタイミングで減速する。パーキングエリアなどから走行車線へ進入するときや、逆に走行車線からパーキングエリアなどへ流出する際には、高精度GPSによるルートマップ等に沿って制御する。

日野の計画によると、隊列走行は23年をめどに有人の先頭車を有人の後続車が追従する「有人隊列走行」、25年をめどに有人の先頭車を無人の後続車が追従する「無人隊列走行」を実現、導入を目指している。

また、日野は今年3月、いすず自動車【編注:「ず」の正式表記は踊り字に】との新技術の共同開発を発表した。バス、トラックなど商用車について、視界支援、路車間通信、加減速支援、プラットホーム正着制御の4つに関する高度運転支援技術・ITS技術を共同開発し、18年度以降のトラックやバスに順次搭載していく計画だ。協調領域では、同業者間で手を結ぶことにより、開発コストを抑えたい考えだ。

さらに4月、VWグループの商用車部門とも提携交渉に入ると発表した。電動化や、自動運転技術を含む物流効率化など幅広い分野の協業を検討する。6月には、100%子会社のネクスト・ロジスティクス・ジャパンを設立した。ドライバー不足や積載率の低下などの物流業界の課題解決を担う子会社である。物流会社などと組み、ICタグを利用したトラック1台あたりの積載率向上の取り組みや、隊列走行などについて、19年秋ごろの事業化を目指して共同で実証実験を行う計画だ。

このほか、三菱ふそうトラック・バスは19年末にハンドルの操作や加減速をシステムが行う「レベル2」の自動運転技術を搭載したトラックを投入する。25年をめどに高速道路などに限定して人が運転に関わらない完全自動運転のトラックを実用化するという。

ボルボ傘下のUDトラックスは、18年内に自動運転試作車を開発し、20年に特定用途で実用化後、30年までに完全自動運転車を量産する。

●22年の商業化を目指す

トラック隊列走行の商業化の取り組みは、いまや計画段階から実証段階に入っている。日本政府は成長戦略の一環として、20年に高速道路でのトラック隊列走行を実現し、早ければ22年にも商業化を目指す方針だ。

追尾センサーやブレーキ、制御機器などは、自動運転技術やシステムの開発を手掛ける先進モビリティ、ジェイテクトなどが担当するほか、日本信号、ナブテスコなども参加する。

チームジャパンのプロジェクトで、経済産業省と国土交通省からの委託を受けた豊田通商と、日野、いすゞなど国内トラック4社が、今年1月には新東名高速道路の浜松サービスエリアから遠州森町パーキングエリアまでの約15kmで、隊列走行の実証実験を行った。全長12メートルの大型トラック3台は、時速80km、車間距離35メートルで、13回にわたって同区間を走った。1月末から2月には、北関東自動車道の壬生パーキングエリアから笠間パーキングエリアまでの約50kmにおいて、同様の条件で4台の隊列走行を12回にわたって行った。

実証の結果、新東名道で2回、北関東道で20回もの割り込みが発生した。また、車線が3車線から2車線へと減る場合に、3台以上のトラックが一度に車線変更しようとすると、どうしても一般車両が間に割り込むかたちになりやすいことがわかった。

6月には産業技術総合研究所つくばセンターつくば北サイトで、「後続無人」を想定したトラック隊列走行の実証実験を行った。実験車両は、時速70km、車間距離10メートルで走行。車線変更や急ブレーキも行った。後続車はV2Vとミリ波レーダーによる車間距離維持に加え、GPS、レーザーライダーによる車線維持機能の自動制御を行い、先行車に追従した。先行車の加速度や位置データなどを受け取って、ハンドルやブレーキを連動するのだ。

人間ドライバーが隊列走行する場合、車間距離は20〜30メートルないと危険とされる。しかし、CACC(協調型車間距離維持支援システム)制御の高度化によって安全を確保することにより、10メートル間隔が実現した。10メートル間隔であれば、隊列走行中に一般の車が割り込みにくくなるのは間違いない。19年には、公道で実証実験の予定だ。

●多くの課題が存在

トラックの隊列走行技術には、数々の課題が存在する。

まず、車両自体が大きいための課題だ。乗用車とは勝手の違う部分が多い。そもそも、バスやトラックといった大型車両は、事故を起こした場合に被害が大きくなりやすい。当然、急停止はできないし、急なハンドル操作もできない。前輪と後輪の距離が長い分、内輪差も大きい。したがって、自動運転技術の導入においても、乗用車以上に慎重にならざるを得ない。

加えて、車線維持制御では車幅が乗用車よりも広い、すなわち車線内を走行するには物理的に余裕が少ない。その分、制御には高い精度が求められる。また、積み荷の重さ次第で、アクセルやブレーキの利き具合が変わるため、仕様が多様で、制御も複雑だ。

さらに、通信システムの信頼性だ。前述のように、V2V、CACC、GPS、レーザーライダーなどを駆使するが、万が一にでも通信が途絶えることがあれば、後続の2台は制御不能になりかねず、危険極まりない。したがって、通信には高い信頼性に加え、二重、三重の通信手段の担保が必須だ。

その要求に応えるために、次世代通信規格5Gの搭載が必要となる。5Gは、高速大容量、超高信頼低遅延、多端末同時接続を特長とする。簡単にいえば、4Gと比べて帯域が広く、遅延が少なく、信頼性が高いため、自動運転のようなクリティカルな用途に向いているのだ。通信に関しては、サイバーセキュリティーの強化や義務付けも課題となる。

このほか、後続車は、車載カメラやレーダーなどで先行車を認識し、追従走行に入るが、無人の場合、一番始め始めは、どうやって先行車の真後ろにつけるのか。すなわち、どこからどう走り始め、いつから追従走行に入るのか。仮にかりに、いずれかのサービスエリアから隊列走行をスタートするとした場合にも、いかにして合流するのか。車線変更の場合と同じく、隊列を組んだまま、隣の車線へ合流しようとすると、どうしても一般車両が、隊列の間に割り込むかたちになりやすい。したがって、場合によっては、高速道路に隊列走行用のレーンや信号機などの設置が必要となるかもしれない。

また、運転手の負担の問題もある。例えば、現状の有人隊列走行を考えた場合、先頭車両に乗るドライバーは、後続車に乗るドライバーに比べて、肉体的、精神的に強い負担を強いられる。さらに、無人隊列走行となったとき、3台を一人で負担するドライバーに対し、報酬はどの程度払うことになるのか。3倍の報酬を払うならば、3人を別々に雇う場合とコストは同じになる――など、具体的な話は、これから詰めていかなければならない。

トラックの隊列走行は、このように多くの課題があり、プロジェクトは一筋縄ではいかないのだ。しかし、商用車の自動運転化の波は、世界中に押し寄せている。この波を止めることはできない。確実に実現に向けて進めていかなければならないだろう。
posted by ぴーすけ at 15:58| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする