2018年11月30日

2018年年間ベストセラー

出版取り次ぎ大手の日本出版販売(日販)とトーハンは30日付で、2018年年間ベストセラー(17年11月26日〜18年11月24日)を発表したようです

 総合1位はともに吉野源三郎原作、羽賀翔一画「漫画 君たちはどう生きるか」(マガジンハウス)。出版元によると、発行部数は17年8月発売以降の累計で204万部。

 日販は2位が矢部太郎著「大家さんと僕」(新潮社)、3位が今泉忠明監修「ざんねんないきもの事典」(高橋書店)。トーハンは2位が佐久間健一著「モデルが秘密にしたがる体幹リセットダイエット」(サンマーク出版)で、「大家さんと僕」「ざんねんないきもの事典」とその続編のシリーズが続いた。

 文芸作品では、芥川賞に輝いた若竹千佐子著「おらおらでひとりいぐも」(河出書房新社)、本屋大賞を受賞した辻村深月著「かがみの孤城」(ポプラ社)などが上位に入った。 
posted by ぴーすけ at 11:47| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月29日

Koki

気鋭の占い師・杉浦エイト氏が、いま話題の人たちの相性や運勢を勝手に読み解く占い企画。今回占うのは、5月にファッション誌の表紙を飾り、華々しいデビューを果たしたこの方。両親が木村拓哉と工藤静香ということで大きな話題に

「エル(ELLE)」が今年のナンバーワンの映画を選ぶ「エル シネマアワード 2018」で「エル ガール ライジングスター賞」を受賞。11月26日に行われた授賞式では、寺島しのぶ、東出昌大ら錚々たるメンバーと並び、喜びの表情を見せたモデルのKoki,さん。春に鮮烈なデビューを果たして以来、ニュースの流れない日がないほど話題を集めています。

そんなKoki,さんは「大地星人のティーチャー」という性質。この大地星人というのは、地層のように知識や経験を積み重ね、歳を重ねるごとに豊かな大地になっていきます。また彼女は「ティーチャー」という星を持っているため、好奇心旺盛で「学び、教えること」が役割。自分の知識や経験を生かして人に伝えていく、例えば小説や曲などを書いて発信する人が多いのがこのタイプの特徴です。「気品」や「品格」がキーワードで、オードリーヘップバーンやキャサリン妃なども同じ性質。母なる大地といわれるように、大きな愛と優しさに溢れているがゆえに、皆を支える存在として、周囲の気持ちを考えすぎ、自分の気持ちを後回しにしてしまう部分もあるはずです。それはトラブルを好まない性格と、相手の考えを尊重したいという気持ちからくるのだと思いますが、自分を利用しようとしたり、トラブルばかり持ってきたりするような人とはしっかり距離をとることが大切です。

また、長い歴史のあるブランドや職人さん手作りの物、古都や遺跡など歴史に関わることにも縁があり、この性質の中で一番、家族に縁が深い人です。そしてご家族を見てみると、お父様は「山星人のラバー」。自分の考えをしっかり持っていて、皆を支える大きな存在。「山」と「大地」は、しっかりと繋がり合ってる関係性だから、困ったときに相談すると、必ず良いヒントをくれるはず。

お母様は「木星人のファイター」。枝が多方面に伸びていくようにいろんな分野で活躍できる人ですね。そして「木星人」は根をどこに張るかが大切になってきます。その観点から見ると、旦那様が山星人、娘さんが大地星人というのはとても居心地の良い環境なんじゃないでしょうか。「山」「大地」「木」というこの3人の組み合わせは、家族であれば理想の関係だと思います。

また、Koki,さんを恋愛面で見てみると、清く正しく、お付き合いをするタイプですね。もともと「ティーチャー」という役割を持っているので、派手に遊んだり、ハメを外すようなことはないでしょう。どちらかというと奥手な面があるので、刺激が強い男性や、勢いでアプローチしてくるような相手に出会うと、振り回されたりペースを乱されたりして、「土砂崩れ」を起こしてしまいがち。そうならないためにも、しっかり人を見る目を養うことが大切になってきます。

フォーチュンサイクルを見ていくと、現在は「試練期」。ここから19歳までが、人生の基盤を作り上げる時期です。そして、悩み、不安になりやすい時期でもあるので、人と比べたり、ネガティヴに考えてしまったりと自分を追い込んでしまいがち。注目を浴び、学びも多いこの5年間は、好きなこと、気分が盛り上がることを息抜きにして、少しずつ着実に成長していければ良いのではないでしょうか。そして20歳から大きくスターの扉が開きます。そこからさらにスポットライトを浴び、注目を集めることでしょう。

また、「Koki,(正しくは「o」の上に横棒) 」という個性的な名前表記にもちゃんと意味があり、春の喜びのような幸せが舞い込むという11画の画数になります。これが1画でも少なくなってしまうと、大凶数になって人生が大きく変わってしまうので、表記はしっかり「Koki,」 に揃えることをオススメします。
ラベル:Koki
posted by ぴーすけ at 15:46| 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月28日

ハムリーズ

イギリス最古の玩具店として258年の歴史を誇り、現在は世界19か国で愛されている「ハムリーズ」が日本初進出!2018年11月30日(金)に横浜ワールドポーターズに登場する。ただオモチャを並べるだけではなく、デモンストレーターが商品の楽しさを実際に使って教えてくれたり、店内を愉快なエンターテイナーが練り歩いたり、メリーゴーランドや絵本の中に入ったかにようなカフェがあったりと、従来のオモチャ店とは違うまるでテーマパークのような店舗で、子供はもちろん、大人も楽しめそう。

1Fの店頭前にはクマのぬいぐるみで彩られたクリスマスツリーも

■ デモンストレーターによる商品解説がおもしろい!

店内にさまざまなデモンストレーターがいることが「ハムリーズ」最大の特徴。ただ商品を陳列しているだけではなく、実際にデモンストレーターが遊ぶことで、その商品の楽しさが理解しやすくなっている。どこに飛ばしても手元に戻って来る「ハンドグライダーズ」のパフォーマンスや、空中に浮かぶオモチャを操作するパフォーマンス、割れない風船の解説を小気味よい話しで盛り上げながらしてくれる「アート・クラフト」、色のついた鉛筆を紙をこするだけで絵が浮かび上がる不思議な鉛筆の紹介など、多彩なパフォーマーが繰り広げる。みんな笑顔で解説してくれるので、話を聞くだけでこっちもワクワクしてきそう。

■ オリジナルもたくさん!10万9,000点にも及ぶ多彩な商品が並ぶ!

1階と2階にさまざまな商品が並んでいる「ハムリーズ」。総数は約10万9,000点にもなり、「ハムリーズ」オリジナル商品もたくさん。広い店内だが、ぬいぐるみ、ゲーム&パズル、女の子、男の子、知育、スポーツ&レジャー、スポーツプレイゾーン、スイーツ&キャンディなどジャンル分けされているので、お目当ての物も見つけやすくなっている。商品の注目は「ハムリーズ限定ミッフィーぬいぐるみ ハムリーズへのお買いもの」(4,104円)。「ハムリーズ」とミッフィーのコラボぬいぐるみで、ハムリーズカラーの赤い服とハットをかぶったミッフィーがショッピングバッグを持って買物をしているというかわいい一品。そのほかにも各国の「ハムリーズ」で販売をしているご当地ぬいぐるみの日本版「Hamleys I ♥(LOVE)」(1,620円/1,080円)など、さまざまなぬいぐるみがある。また、玩具ではデモンストレーションもしていた、どこに投げても戻って来る紙飛行機「ハンドグライダーズ」(972円)、室内でも使えるお手軽ブーメラン「ルームラング」(842円)、ドローン操作のように空中に浮かんだスノーボーダーを回転させたりさまざまな技を繰り広げられる「ラジオジコントロール エアーボ」(6,458円)など、思わず夢中になってしまうものばかり。

■ 個性的なエンターテイナーのパフォーマンスも楽しい!

店内には、愉快で個性的なエンターテイナーが「ハムリーズ」の世界を表現し盛り上げる。大道芸人のようにジャグリングをしたり、アコーディオンの演奏、いたずらをして楽しませたりなど。エンターテイナーは約10人ほどいるが、日により登場するエンターテイナーが変わるので、店に行ってからどんなエンターテイナーがいるのかチェックしちゃおう!また、エンターテイナーたちや、クマのマスコットの「ハムリー」と「ハッティ」なども参加して店内をパレードをする時も。1日1回ほど行われるので、行った時にしていたら積極的に参加してみんなで盛り上がろう。

■ プロジェクションマッピングなどの最新映像を駆使したプレイルームで遊べる

「ハムリーズ」日本限定としてプレイルーム(600円/30分ほか)で遊べる。ハムリーがキレのある動きでラケットを構えた穴にボールを入れる「ハムリーアップル」や、昆虫などがいる森の中をまるで木登りをするような感覚で遊べる「屋内木のぼり 森の子」、光る丘で飛び跳ねたりして遊べる「光の丘」など、最新映像を駆使したさまざまな遊びが体験できる。もちろん、砂遊びなどの昔ながらの遊びもできるので、小さい子供でも安心だ。またバイヤーがセレクトしたおもちゃで遊べるコーナーもあるなど、時間を忘れて遊んじゃいそうだ。

■ まるで絵本の中にいるようなキュートなカフェでひと休みも

プレイルームの横には「ハムリーズ・カフェ」もある。ピクニックをイメージし、カラフルな店内はいるだけで楽しくなってしまう。店内の一角には大きな絵本のようなスペースが。中にはプロジェクションマッピングを施したテーブルがあり、森の世界が映しだされている。時間により鳥が飛んで来たり、またテーブルを触ると鳥やネコの足跡がついたりと楽しい仕掛けが満載だ。ここは2テーブルしかないので人気になりそう。キュートな店内にピッタリなメニューもかわいいものばかり。ウサギ、クマ、ブタの顔の形をした「森のどうぶつアイス」(各450円)や、クリームがもりもりのった「森のトッピングカップケーキ」(各290円)、チョコペンでパンケーキにおえかきができる「おえかきプレート」(360円)など何を食べるか迷ってしまいそう。「サンドイッチ」(490円)、「ホットスナックサンド」(390円)など軽食もそろっているので、買い物や遊んでおなかがすいたら立ち寄ろう。

来る人を笑顔にしてくれそうな遊べるオモチャ店「ハムリーズ」。まるで遊園地のような楽しくワクワクできるものが満載。毎日オープン時にはエンターテイナーによるセレモニーが行われ、オープンの2018年11月30日(金)にはキャラクターたちがお客さんを出迎えてくれるので、みんなで出かけよう!
ラベル:ハムリーズ
posted by ぴーすけ at 16:54| ショッピング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする