2019年02月28日

窪田正孝

NHKは28日、2020年度前期の連続テレビ小説(月〜土曜前8・00)が作曲家・古関裕而(こせき・ゆうじ)氏をモデルにした「エール」に決まり、俳優の窪田正孝(30)が主演を務めると発表したようです

 昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而氏と妻で歌手としても活躍した金子(きんこ)氏をモデルに音楽とともに生きた夫婦の物語を描く。生涯のパートナーとなるヒロインのオーディションは3〜4月にかけて行い、今秋にクランクインする。脚本はNHK「ハゲタカ」、フジテレビ「医龍」「コード・ブルー―ドクターヘリ緊急救命―」シリーズ、テレビ朝日「アイムホーム」などで知られる林宏司氏が務める。

 東京・渋谷の同局で会見した窪田は「本当に光栄。全身全霊に演じさせていただきたい」と喜び。「朝ドラは3回目。主役ということで抜擢は初めて。たくさん話をして、楽しい現場にして、全国の皆さん、福島の皆さんにエールを届けられたら。まだ現場は始まってないですが、ここに決意表明したい」と意気込みを語った。

 古関氏は1909年8月11日生まれ、福島県出身。全国高等学校野球選手権大会の大会歌「栄冠は君に輝く」をはじめ、プロ野球では阪神の「六甲おろし」や巨人の「闘魂こめて」、早稲田大学「紺碧の空」、慶應義塾大学「我ぞ覇者」、1964年に行われた東京五輪「オリンピック・マーチ」など、数多くの応援歌、行進曲の作曲を手がけ、和製スーザと呼ばれた。

 現在放送中の「まんぷく」、次回作の朝ドラ100作目「なつぞら」、今年9月からの「スカーレット」に続く、朝ドラ102作目の作品となる。
ラベル:窪田正孝
posted by ぴーすけ at 14:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月27日

二宮和也 伊藤綾子

嵐の二宮和也(35)と交際中の元フリーアナウンサーの伊藤綾子(38)が、二宮の両親との関係が悪化していると発売中の「週刊女性」が報じているようです

 記事によれば、2人はすでに双方の実家に挨拶を済ませているが、伊藤は最近、「あなたの両親からひどい仕打ちを受けている」と二宮に吹き込み、激怒した二宮が実家に寄り付かなくなっているという。

 さらに二宮は伊藤を信頼するあまり、嵐のメンバーや仕事関係者が出席する会議でも「綾子も同席させて意見を聞いたほうがいいんじゃないか」と言い放ち、周囲は困惑していたという話。

 2人の交際発覚は2016年。交際当初は伊藤のブログに二宮との交際を思わせる写真や文章が掲載され、二宮のファンから“におわせカノジョ”と猛バッシングされた。17年3月に「news every.」(日本テレビ系)を降板。翌年3月には所属事務所も退社し、事実上、芸能界からひっそり引退していた。しかしこの騒動について、スポーツ紙芸能デスクは一笑に付す。

「この段階ではあり得ない話だと思いますけどね。嵐は現在、20年の大みそかの活動休止までの大キャンペーン中で、当然、彼女はその状態を分かってるはず。結婚などの具体的な動きが出てくるのは活動休止後の21年以降だと思います。嵐は25周年イヤーには復活するでしょうから、結婚するとすれば21〜23年のことでしょうね」

 今、伊藤が二宮に結婚を急がせるワガママを言う理由はないはずだと、話はさらに続く。

「彼女も現在38歳なので、年齢的なことはあるのかも知れませんけどね。しかし伊藤は二宮からクレジットカードを渡されていて、好きなものを買える状態で、ブランド品などを買っているそうです。ニノが実家に寄り付かないというのは、活動停止前の活動で、レギュラーの仕事に加え、コンサート巡業もあるので、単に帰る暇などないということなんでしょう」

 記事によれば、伊藤はアナウンス技術が高い上、人づきあいも上手。スタッフの名前もすぐ覚えて、誰に対しても明るくフレンドリーに挨拶するので、テレビ局関係者で彼女を嫌う人はいないという。彼女と仕事をしたことがある出版関係者もこう話す。

「確かに、頭の回転が速く、仕事でもこちらがこうして欲しいと思っていることを瞬時に察してそれにこたえようとする鋭さがありました。その上、ひとつひとつの所作が美しく、誰に対してもとても感じがいいんですよ。ただ、話しているとやたらボディータッチしてくるので、これも計算かな? と内心思いましたけど(笑い)」

 目から鼻に抜けるクレバーさで、絶妙のタイミングでゴールインを決める日がいずれやって来そうだ。
posted by ぴーすけ at 13:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月26日

翔んで埼玉 GACKT

ミュージシャンのGACKTが、映画『翔んで埼玉』(公開中)に高校生役で出演し、反響を呼んでいる。女優の二階堂ふみと共に主演を務めるGACKT。1月に行われたジャパンプレミアでは、高校生役と聞いた当初オファーを「即答で断った」と明かしていたGACKTだが、違和感がないどころか作品の世界に実にマッチしているようですね

 22日に公開となり、週末の映画動員ランキング(興行通信社発表)で1位スタートを切った本作。人気コミック「パタリロ!」の作者である魔夜峰央の人気漫画を実写化したものだ。埼玉県人が東京都民から虐げられている架空の世界を舞台に、東京都知事の息子・壇ノ浦百美(二階堂)と埼玉出身の転校生・麻実麗(GACKT)を中心とした愛と革命の物語が繰り広げられる。

 GACKTが演じた麗は、容姿端麗なアメリカ帰りの転校生。原作者の魔夜も交えたキャスティング会議では、様々なアイデアが出る中で、満場一致で「なるほど!」となったのが“GACKT”だったそう。歌手活動はもちろんのこと俳優としても活躍するGACKTというチョイスを、魔夜も絶賛。「最初GACKTさんのお名前が上がった時、そこにいた一同全員がのけぞり次の瞬間、ありか、と頷いたものです」と振り返っている。

 それでも「まさかオファーを受けていただけるとは思いませんでした」という魔夜。GACKT自身は、出演発表時のコメントで「このオファーがあった時は、『設定に無理があるんじゃないかな?』とは思ったんですけれども、ずっと以前から魔夜先生の作品のファンだったっていうことから、先生からの指名ということであればやるしかない、、、という想いで、今回の作品は受けてしまいました(笑)」と吐露。

 当時は「ボクの歳で高校生ってどうなのか?」という気持ちは払拭しきれないと認めつつも、「この漫画自体がかなり無理のある設定の漫画ですので、無理がもう一つぐらい増えても問題ないかなとは思っています」と明かしていた。

 宝塚歌劇団を彷彿とさせる華々しい世界観。キャラクターごとに髪型・メイク・衣装の細部にまで作り込まれたビジュアル。実際、高校生役のGACKTは、明らかに本人の特色を活かしたキャスティングであることが見て取れ、まったく無理がない仕上がりになっている。SNSには観客から「めっちゃ似合ってた」「何の違和感もない」「この役はGACKT様でなければ」と称賛の声が上がっている。
posted by ぴーすけ at 15:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする