2019年07月31日

浜崎あゆみ

歌手の浜崎あゆみ(40)が、音楽プロデューサーで育ての親であるエイベックスの松浦勝人会長(54)と交際していたことを初めて告白した。浜崎への取材を基にした小説「M 愛すべき人がいて」(8月1日発売、幻冬舎)で出会いから別れまで赤裸々に詳述。出版にあたり「自分の身を滅ぼすほど、ひとりの男性を愛しました」との言葉を寄せている

 「平成の歌姫」がデビューから20年間隠し続けてきた“秘められた恋”が、令和になって明らかにされた。

 著者は「中田英寿 鼓動」などで知られるノンフィクション作家の小松成美氏。浜崎への取材を基に、1998年の歌手デビューからトップスターへ上り詰めるまでの2年間のサクセスストーリーに秘められた“出会いと別れの物語”を、赤裸々に描き出した小説。松浦氏ら実在する人物が実名のまま登場し、渋谷109などの具体的な場所や生々しい会話のやりとりは、事実を基にしたノンフィクションノベルならではの臨場感がある。

 年齢をごまかして入店した六本木ヴェルファーレでの出会い、松浦氏からの電話の回数を日記につけ、初めてのドライブで耳が真っ赤になるほど照れた瞬間など、気になる男性を前に右往左往する姿は初々しく、誰もが知る“あゆ”の意外な素顔に驚く場面も。華やかな芸能界での成功を夢見る一方で、小さな幸せを求めていた歌姫の実像が丹念に描かれ、初めて結ばれた時の“秘密”を背負いながらの疾走と突然訪れた破局というスリリングな展開は、どこまでが事実か分からないが、濃密な時間を過ごした2人という“事実”だけは明確に刻まれる。

 本のタイトルになっている代表曲「M」や「Boys&Girls」などのヒット曲が、2人の交際の中で生まれた歌詞であるという事実もファンにとっては衝撃だろう。3、4人のグループでデビューするはずだったこと、エイベックス所属前の芸名「浜崎くるみ」が苦手だったこと、4歳から父親と会っていないことや、デビュー曲の裏側にあった祖母の死などの秘話もふんだんにある。

 「自分の身を滅ぼすほど、ひとりの男性を愛しました」という衝撃的な文句。デビュー20年、40歳になった平成の歌姫。令和をどう歩むのか、その誓いとも取れる“激白小説”だ。
ラベル:浜崎あゆみ
posted by ぴーすけ at 12:35| 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月30日

堀ちえみ

2月にステージ4の舌がん、4月に初期の食道がんの手術を受けたタレントの堀ちえみが30日、自身のブログを更新し、同じ1982年デビューの早見優、松本伊代、元シブがき隊の薬丸裕英、石川秀美夫妻らと食事会したことを明かしたようです

 堀は「フジテレビ『夜のヒットスタジオ』の司会、芳村真理さんを囲む会を、同期の薬丸夫妻が企画してくれました。ありがとう!!!」「美味しいイタリアンをいただきながら、楽しいお話で盛り上り、笑いっぱなしの4時間を過ごしました」と報告。

 手術前から同期会を望んでいた堀は「芳村さんも同期のみんなも、私の病気の事をとても心配してくださって。元気になった姿を見て心から喜んで下さり、有り難いです!」と喜んだ。

 そして「今回のこの会で、石川秀美ちゃんと32年振りの再会を、果たせましたよ!」と報告。「薬丸くん布川くんとも、本当に久しぶりで」と元シブがき隊の布川敏和も駆け付けたことを明かし、「シブがき隊の三人から、『大変な手術本当によく頑張ったね!』と綺麗なお花をいただきました。とても素敵なお花です。ありがとう」と感謝した。

 「今日来られなかった同期のみんなも、私の手術の日に空を見上げて、無事を祈ってくれていたそうです」と堀。「82年組は温かい。同期の仲間は本当に宝物です。どれだけ感謝の言葉を言っても、足りないくらい。たくさんたくさん、ありがとう。心の底から感謝です」と繰り返し、「芳村さん・薬丸くん・布川くん・伊代ちゃん・秀美ちゃん・優ちゃん。楽しい夜をありがとうございました」とつづった。

 また、出席した早見もインスタに集合写真をアップし「素敵な芳村真理さんと、同期仲間との集まり。感謝の気持ちでいっぱいです」「花の82年組」とコメント。フォロワーからは「仲間って良いですね」「みんな今でも綺麗だな」「昔の思い出が色々蘇ってきて青春そのもの」「素敵な5ショット!」などのコメントが寄せられていた。
ラベル:堀ちえみ
posted by ぴーすけ at 17:55| 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月29日

秋吉久美子

女優・秋吉久美子(65)が28日、ブログを更新。2013年に亡くなった長男についての思いをつづったようです

 長男は13年1月13日に都内の病院の敷地内で遺体となって発見された。病院内の階段に飛び移ろうとして、誤って転落したとみられている。

 29日が誕生日の秋吉は「実は今日も!『誕生日前夜』のお祝いにお招き受けました」とつづり、「私のホントの誕生日は明日。今日は亡くなった息子の誕生日」と告白。「二人は常に連なって一緒に生きている。という意味では、私が生きている限り、私の人生を大事に真摯に生きないとなぁ。と、思うのです。」と突然の別れとなった亡き愛息への思いをつづった。

 秋吉は1979年に作曲家の岩久茂氏と結婚し、長男を出産したが、89年に離婚。その後、日系2世の映像クリエイターと2度結婚したが、14年10月に2度目の離婚をした。
ラベル:秋吉久美子
posted by ぴーすけ at 14:42| 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする