2020年02月29日

安斉かれん

新人歌手の安斉かれん(20)が浜崎あゆみ(41)役で女優デビューすることになった。浜崎の自伝的小説「M 愛すべき人がいて」(幻冬舎)がテレビ朝日で4月から同名で連続ドラマ化(土曜後11・15)されることが決定。令和に改元された当日の昨年5月1日にデビューして以来、メディアに一切姿を見せていない安斉が、平成の歌姫役でベールを脱ぐようです

 デビュー前は有名アパレル店でカリスマ店員として働き、ファッション界では知られた存在だった。昨年5月にシングル「世界の全て敵に感じて孤独さえ愛していた」でデビュー。これまで3枚のシングルを発表しているが、いずれもCDショップで無料配布もするという異例のプロモーションも話題となった。

 ドラマの原作は、浜崎が音楽プロデューサーで育ての親であるエイベックスの松浦勝人会長(55)との交際を初告白した“激白小説”。秘められた恋の告白は話題を呼び、発行部数16万部と大ヒット。反響を受けて映像化のオファーが相次いでいた。

 その話題作に演技初挑戦の安斉を起用したことについて制作側は「その瞳の力強さを見た時に、この方にかけてみようと思いました」と説明。「ドラマは平成の歌姫誕生物語ですが、撮影は安斉かれんの成長物語、リアル歌姫誕生の物語。いわばドキュメンタリーだとも思っています」と期待した。

 大役に抜てきされた安斉は「初めてのお芝居でとても緊張していますが、自分なりにこの作品がどうやったらより良くなるかをたくさん考えて臨みたいと思っています」と意気込んでいる。

 ダブル主演する三浦翔平(31)が松浦会長役。「良くも悪くも、物凄く注目される作品だと思いますので、エグいプレッシャーを感じています」と緊張を隠せない様子だ。脚本は鈴木おさむ氏(47)が担当する。

 ◆安斉 かれん(あんざい・かれん)1999年(平11)8月15日生まれ、神奈川県出身の20歳。幼い時から音楽が好きで、父に連れられ初めて見たライブがザ・ローリング・ストーンズ。中学の時に吹奏楽部に入ってサックスの腕を磨いた。デビュー曲をはじめ「誰かの来世の夢でもいい」「人生は戦場だ」と、発表した3曲とも自身で作詞。1メートル58。血液型B。

 ◇「M 愛すべき人がいて」 浜崎への取材を基にノンフィクション作家の小松成美氏が手掛けた小説。浜崎がディスコでレコード会社の専務だったマサ(松浦会長)と出会い、平成の歌姫となっていくまでを描く。マサへの信頼感が次第に恋心に変わっていき、タイトルとなっている浜崎の代表曲「M」が松浦氏との交際の中で生まれた歌詞ということも明かされた。
ラベル:安斉かれん
posted by ぴーすけ at 09:48| 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月28日

横澤夏子

お笑いタレント・横澤夏子(29)が27日、自身のインスタグラムを更新し、第1子出産を報告したようです

おめでとうございます

 横澤は「#産まれましたーーー! #予定日を通り越してやっと会えましたー!」と報告。ベビーの足の写真とともに「#27センチの私の足と比べるととってもちっちゃいのよー! #これからありったけの愛情を注ごうと思いますー! #うふ!」と喜びをつづった。

 横澤は2017年7月に1歳上の会社員「ダイキ君」と結婚し、昨年9月に第1子妊娠5ヶ月であることを所属事務所を通じて発表。今年1月4日に隔週レギュラーを務めるTBS『王様のブランチ』(毎週土曜 前9:30)で産休に入ることを報告していた。

 出産の報告を受けフォロワーからは「夏子さんおめでとうございます 今はゆっくり休んでくださいね」「ママさんだ〜!!! これから子育て頑張ってください」「やったー!! 無事に会えてよかった おめでとうございます」と祝福の言葉が続々と届いている。
ラベル:横澤夏子
posted by ぴーすけ at 07:42| 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月27日

さかなクン 帽子の下

タレントのさかなクンが、帽子着用禁止の国会にハコフグ帽子を被って出席した。「帽子は皮膚の一部」という彼の立場が特例で認められたのだが、その帽子の下はどうなっているのか?

 今月12日の参院国際経済・外交調査会に参考人として出席したさかなクン。政治部記者によると、

「調査会の審議は水産資源の管理や保護がテーマでした。さかなクンは自作のイラストを示しながら、地球温暖化やプラスチックのごみが魚の生態系に与える影響などについて熱弁。“ふだんのギョ百倍(500倍)ぐらい緊張した”と話していましたが、博学に裏打ちされた説明は実に分かりやすいと好評でした」

 特例が認められたのは、

「海洋問題の広報活動を精力的に行っていること。絶滅種とされたクニマスの生存確認に貢献した実績もあり、『海洋立国推進功労者』として内閣総理大臣賞も受賞している。日本魚類学会の研究発表会に現上皇陛下が出席された際にも帽子を脱がずに同席しています。十分、特例は認めるに値するものだったわけです」

 ちなみに、東京海洋大学の名誉博士と客員准教授の肩書も持つさかなクンは、実力不足を理由に同大学の受験を断念している。学歴は専門学校卒。エリート街道は歩んでいない。魚に関する豊富な知識はほぼ独学。水族館など魚関係のバイトを転々とするなかで、好きで描いていた魚のイラストが認められた。そしてイラストレーター、タレントの道へと進み、出世魚のようにここまで上り詰めた。

ニット帽
 トレードマークであるハコフグ帽子は、冬用と夏用(メッシュ加工)、水中用、教壇用(大学の校章入り)、クロマキー(映像合成)用などを被り分けているようだ。しかし彼の知人によると、帽子の下を人に見せることは滅多にないらしい。

「彼の自宅にお邪魔したときも、あのハコフグ帽子を被っています。基本的に、人前ではあの姿と決めているのでしょう。本人も、“帽子は皮膚の一部だから”と言っていましたしね。さすがに、寝るときは脱いでいると思いますけど。ふだん、プライベートで外出するときは黒や茶色のニット帽を被っていますよ。ニット帽を被るのは、ハコフグ帽子の上からですけれど」

 なんともはや。

「2、3年前、大阪の和食料理店でした。さかなクンも私もかなり飲んで酔っ払ったのですが、彼の帽子が、かなりズレたままになっていまして。黒髪で前髪が少し眉毛にかかるぐらいの、ごく普通の髪型でした」

 さかなクンのふだんの“生息場所”は千葉県館山市。市内にある西岬(にしざき)漁協の海老原斉組合長(78)も、帽子に隠された素顔を知る一人だ。

「俺はさかなクンから“親方”と呼ばれているんだけど、ここでは彼を特別扱いすることはないね。地元のみんなといるときは、あの帽子も被っていない。髪型はいたって普通よ。別にハゲてるわけでもないし。ただ、喋り方はテレビと変わんねえな。“ご”を“ギョ”に換えてさ」

 漁協の古強者は、目を細めて続ける。

「彼は朝早い漁にもよく顔を出してくれるし、一緒に船に乗ったり網を引くこともある。魚を捌(さば)くのだってなんでもやるよ。気配りもよくできるし、とにかく、魚のことならなんだって知っているんだから。こっちが教わるぐらいだよ」

 まさに、好きこそものの上手なれ。ギョ立派! 

「週刊新潮」2020年2月27日号 掲載
posted by ぴーすけ at 08:46| 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする