2019年05月19日

は・か・た・の・しお!

伯方塩業(愛媛県)が始めた、「伯方の塩」ウェブ広告限定の「二代目声優オーディション」が大きな話題になっている。その企画を紹介する記事で、「初代が誰なのかわかる人がもう社内にいない」という担当者の言葉をそのまま掲載したところ、ネット上ではかなり確度の高そうな名前があちこちで飛び交う事態に。名前を挙げられていたうちの1人、演歌歌手の高城靖雄さんと連絡を取ることができたそうです

 「いやあ驚きました。大変なことになっている、ネットで私の名前がガンガン出ている、と息子に教えられたのが最初でした。メールや電話もいっぱい来ましたよ」

 高城さんは低い美声でそう言うと、愉快そうに笑った。1981年、森昌子さんのコンサートのゲスト歌手として活動を開始。87年に「日本海’88」でメジャーデビューした。現在もディナーショーやイベントなどで活躍しているほか、5月1日には息子である新浜レオンさんが歌謡歌手としてデビューしたばかりだ。

 高城さんと伯方の塩のCMとのかかわりは、1996年から7年間ほど。CM自体は87年から流れていたため、高城さんはいわゆる「初代」ではなく、「スペシャルバージョンのイメージキャラクター」として出演した。その間、「は・か・た・の・しお!!!」の声も高城さんのものに差し替えられていたという。イメージソングとして使われた「男龍(おとこりゅう)」には、「は・か・た・の・しお!!!」を思わせる「お・と・こ・の・あせ!!!」というフレーズが盛り込まれている。

 「今回の件で、私のことを『初代』だと認識してくださっている方がこんなにもたくさんいらっしゃるのかと驚くと同時に、とても光栄に思いました。私に何の連絡もなく、二代目声優オーディションを始めたことに気分を害したかって?いえ、とんでもありません。令和の新時代にふさわしい新しいバージョンがあってもいいと常々思っていたので、とても前向きに受け止めていますよ」

 ちなみに高城さんは、「演歌歌手」ならぬ「旅する塩歌人(えんかびと)」を名乗るなど、塩に対しては並々ならぬ愛情を持つ。塩を混ぜた風呂に入る健康法も実践しているためか、風邪知らずという高城さん。「私の人生、振り返ったら塩だらけ」

  ◇  ◇

 さて、ならば肝心の「初代」は誰か。こちらもTwitterなどでは、関係者によるほぼ間違いないであろうという情報がすでに出回っている。引き続き、取材を続けたいと思います。
posted by ぴーすけ at 14:37| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月18日

女子アナ 人気ランキング

女性の局アナについて、視聴者による人気ランキングはよく目にするが、彼女たちと実際に仕事をしている「身内」の評判はどうなのだろうか。テレビマンたちが本気で査定した、局ごとの女子アナの「人気ランキング」と、一般人が窺い知れない「素顔」を暴露する!

「ここ最近、有名タレントを押しのけて、『テレビの出演時間』の上位を女子アナが占めるケースが、顕著になってきています。

 業界全体が制作費を抑える傾向にあるなか、高いギャラのタレントを使うよりも、『局の社員でもある女子アナを抜擢して、視聴率を稼ぐほうが効率的』と判断するクライアントが増えてきたからです。彼らのほうから、女子アナを指名するケースも多くなってきてますね」(制作会社プロデューサー)

 今回、本誌は、大手広告代理店がクライアントに営業ツールとして提示している、テレビ業界の関係者235人を対象にした、最新のアンケート結果を独自に入手。NHKと民放各局の女子アナの好感度が明らかになった。

 まずはNHK。業界人が選ぶ「一緒に仕事をしたい女子アナ」1位は、全局を通して最多の52票を集めた桑子真帆アナ。

「離婚して独り身になり、色気が増した。フリーになれば有働由美子以上にブレイクするのは間違いない」(制作会社ディレクター)

 日本テレビの1位は、オリコンの「好きな女性アナウンサーランキング」で5年連続1位に輝き、2017年に殿堂入りした水卜麻美アナ。

「画面に映らないところでも一生懸命。責任感が強く、仕事に誠実」(広告代理店)

 テレビ朝日は、メインMCを務める『ワイド!スクランブル』が、4月から『大下容子ワイド!スクランブル』に変更された大下容子アナがトップ。

「40代以上の視聴者からは、圧倒的な支持。数年前の仕事だったのに、名前を覚えてくれていたのは感動した」(制作会社ディレクター)

 TBSの1位は江藤愛アナ。

「心配りも素晴らしく、スタジオの隅でコケていたりするところもかわいい。なんといっても、あの笑顔に救われます」(キャスティング担当)

 テレビ東京は、NHKの桑子アナに次ぐ、48票を集めた大江麻理子キャスター。

「企業のトップをターゲットにした番組なども安心してまかせられる。見た目の美しさだけでなく、画面に映える華がある」(制作会社プロデューサー)。

 フジテレビの1位は三田友梨佳アナ。

「以前から、フジではエースだと思っていた。なぜもっと大きな番組を担当させないのか。美人度からいえば、アナウンサーのなかでも一番」(制作会社ディレクター)

「あれだけ美人で実力もあるのに、ダメ男とばかり熱愛しているところも逆に好感が持てる」(広告代理店)

 そのほか若手の注目株は、日テレ岩田絵里奈アナ(3位)、TBS田村真子アナ(3位)、日比麻音子アナ(4位)。

「岩田は、スタッフとの飲み会にも積極的に参加。篠原涼子やローラなど、得意のものまねで爆笑を誘っている」(広告代理店)

「田村は、衆議院議員で元厚生労働大臣の、田村憲久の娘というサラブレッド。知性と美貌を兼ね備え、ネクストブレイクを目論む業界人で、ファンクラブが結成されているほど」(制作会社ディレクター)

「日比は、女子アナとしては欠点にもなる、『あまりぐいぐいこない』ところが、裏方から人気を得ている」(キャスティング担当)

【NHK】
●1位:桑子真帆(31)/52票
●2位:和久田麻由子(30)/18票
●3位:上原光紀(28)/17票
●4位:杉浦友紀(36)/15票
●5位:井上あさひ(37)/11票
●6位:近江友里恵(30)/8票
●7位:副島萌生(27)/7票
●同8位/3票
・合原明子(33)
・林田理沙(29)
・赤木野々花(28)
●11位:鈴木奈穂子(37)/2票
●同12位/1票
・森田美由紀(59)
・渡邊あゆみ(59)
・武内陶子(54)
・與芝由三栄(44)
・久保田祐佳(36)
・片山千恵子(34)
・保里小百合(28)
●特にいない/13票


【日本テレビ】
●1位:水ト麻美(32)/42票
●2位:徳島えりか(30)/17票
●3位:岩田絵里奈(23)/15票
●4位:後藤晴菜(29)/9票
●5位:岩本乃蒼(27)/7票
●同6位/5票
・笹崎里菜(27)
・市來玲奈(23)
●8位:滝菜月(25)3票
●同9位/2票
・森富美(45)
・杉野真実(29)
・尾崎里紗(26)
●同12位/1票
・井田由美(61)
・豊田順子(53)
・杉上佐智枝(41)
●特にいない/15票


【テレビ朝日】
●1位:大下容子(48)/27票
●2位:竹内由恵(33)/18票
●3位:弘中綾香(28)/13票
●4位:田中萌(27)/12票
●5位:堂真理子(37)/5票
●6位:八木麻紗子(33)/4票
●7位:林美沙希(29)/3票
●同8位/2票
・上山千穂(43)
・本間智恵(33)
・久冨慶子(30)
・三谷 紬(25)
●同12位/1票
・下平さやか(46)
・武内絵美(42)
・大木優紀(38)
・上宮菜々子(37)
・森葉子(33)
・森川夕貴(25)
・斎藤ちはる(22)
●特にいない/15票


【TBS】
●1位:江藤愛(33)/39票
●2位:古谷有美(31)/22票
●3位:田村真子(23)/15票
●4位:日比麻音子(25)/13票
●5位:上村彩子(26)/12票
●6位:出水麻衣(35)/11票
●7位:笹川友里(28)/9票
●8位:宇内梨沙(27)/5票
●9位:山本里菜(24)/3票
●同10位/2票
・山内あゆ(43)
・高畑百合子(38)
●同12位/1票
・長峰由紀(55)
・小倉弘子(44)
・豊田綾乃(43)
・岡村仁美(36)
・水野真裕美(35)
・加藤シルビア(33)
・林みなほ(29)
・宇賀神メグ(23)
・良原安美(23)
●特にいない/17票


【テレビ東京】
●1位:大江麻理子(40)/48票
●2位:鷲見玲奈(29)/35票
●3位:福田典子(28)/7票
●4位:相内優香(33)/5票
●5位:松丸友紀(38)/3票
●同6位/2票
・森本智子(42)
・秋元玲奈(33)
・佐々木明子(49)
・末武里佳子(44)
・水原恵理(42)
・前田真理子(38)
・繁田美貴(35)
・狩野恵里(32)
・西野志海(28)
・角谷暁子(24)
●特にいない/20票


【フジテレビ】
●1位:三田友梨佳(31)/33票
●2位:山崎夕貴(31)/28票 
●3位:永島優美(27)/25票
●4位:久慈暁子(24)/12票
●5位:宮司愛海(27)/6票
●同6位/5票
・宮澤智(29)
・鈴木唯(25)
●8位/久代萌美(29):4票
●同9位/2票
・西山喜久恵(49)
・秋元優里(35)
・椿原慶子(33)
●同12位/1票
・梅津弥英子(41)
・生野陽子(34)
・竹内友佳(31)
・内田嶺衣奈(29)
・海老原優香(25)
●特にいない/17票


※アンケートは、テレビ局や制作会社の社員など235人に対して、2019年4月に実施。各局の好きな女子アナを1名ずつ選んでもらい、獲得票数でランキングに

(週刊FLASH 2019年5月28日号)
posted by ぴーすけ at 14:34| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月17日

細木かおり

「地獄に落ちるわよ」などの毒舌ワードで人気を博した占い師・細木数子さん(81)の娘で、後継者の細木かおり(40)が、初の冠番組を持つことが16日、分かった。テレビ東京系「細木数子の娘かおりがズバリ!あなたの人生 変えに来ました」(21日放送、後6・55)で、一般家庭を突撃訪問し、相談者の悩みを一刀両断。母から後継指名され、2018年から独り立ちしている2代目が、心境をズバリ明かした

 00年代にTBS系「ズバリ言うわよ!」などのレギュラーを持ち、平成を彩った細木数子さんの後継者が、令和でもズバリ言う。

 スタジオ収録のみだった初代と違い、かおりは一般家庭を訪問するスタイル。生年月日しか知らされぬまま突撃し、夫婦の悩みなどを解決していく。母譲りの舌鋒で、相談者が号泣することもあったという。

 数子さんの妹の長女として生まれ、数子さんが提唱する六星占術に囲まれて育ってきた。数子さんのすすめで19歳のときに結婚しており、3児の母。約10年前から後継指名されていたが、初代の多忙さや誹謗(ひぼう)中傷を間近で見てきただけに「最初は『冗談じゃない』とお断りしていた」という。

 だが、運気に合わせて包囲網を狭められ、2014年から数子さんのマネジャー兼アシスタントとして共同鑑定をスタート。16年に養子縁組で娘となり、腹を決めた18年から独り立ちしている。他に弟子はおらず、かおりが唯一の後継者となる。

 18〜20年は六星占術で運気がよくなる3年間だといい「オファーがきたときは『え?』って感じでしたけど、いただいた仕事は誠心誠意、頑張ろうという気持ちです」と意気込む。

 初代は「地獄に落ちるわよ」などのパワーワードと歯に衣(きぬ)着せぬ発言で一世を風靡したが「あのワードの継承は、できればしたくないですね。子供たちも『ママはママらしくやったらいいんじゃない?』と応援してくれてます」と苦笑い。2代目なりの道を行く。
ラベル:細木かおり
posted by ぴーすけ at 14:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする